学生からのレスポンスが大幅向上 イベント応募者参加率が 50%→95%にUP

導入前

学生とのコミュニケーション工数が一番の課題

導入前はナビサイトからエントリーを受付を行い、その都度エクセルに移して進捗管理を行っていました。学生とは電話やメール、ナビサイトのダイレクトメッセージで連絡していました。

そのため学生とのコミュニケーション工数が一番の課題でした。 学生に連絡をする際に、メールやダイレクトメッセージでは返信率がかなり悪かったです。返信がない場合電話をかけてたんですが、何十人にも架電して2~3名としか繋がらないときもありましたね。
また、説明会やイベントにエントリーした学生の歩留まりが悪いことも課題でした。リマインドの連絡をしても繋がらず、イベントへの参加率も低かったです。

導入の決め手

カンタン操作と充実した機能で選考管理が可能

HRエキスポに参加した際に、HR PRIMEのブースに足を運んだんです。サービスの説明を受けたとき「これだ!」と思いましたね。

はじめに魅力的に感じたのは、選考管理のしやすさです。
従来はエクセルで進捗管理して、学生に電話で合否連絡をし、メールでリマインドするなど工数がかかっていました。一方、HR PRIMEだと面接通過者のステータスをドラックアンドドロップで移動して、自動的にLINEが送られて次回選考の案内までできる。操作も楽だし電話をかける手間も省けるので「これはいいな」と感じました。

他社サービスの話も聞きはしましたが、機能が充実していたこと、金額がリーズナブルだったことでHR PRIMEの導入を決めました。

導入後

コミュニケーションコストの大幅な削減&イベント応募者参加率が50%→95%にUP

学生への連絡工数が大幅に削減できました。

まず、学生からの返信率は劇的に上がっています。学生からのレスポンスは速いし、ほとんどの方が返信をくれる。例えば入力フォームを送るにしても、電話→メールに誘導する手間をかけてましたがLINEだと一度の連絡で済むようになりました。

あとは自動メッセージ、自動送信、時間指定の機能を使って、連絡・リマインドの自動化も進めています。 日に1~2時間を確保して学生に電話連絡していた時間が丸々なくなり、他の業務に力を割けるようになったので非常に助かってます。

また、イベント応募者の参加率も50%→95%に上がりました。以前はせっかく応募がとれてもキャンセルが続いてしまうこともありましたが、LINE導入後はキャンセルが一気に減りましたね。

micoworks